SIMロックフリー

契約数が急増している格安SIMとは
顧客満足度ナンバーワンには理由がある

IIJ

顧客から支持されるIIJmio

今春、日本の大手メーカーが2017年以降の「ガラケー」生産終了を決めた、というニュースが話題となった。そして、SIMロック解除義務化のスタートが新しい潮流を加速させようとしている。これらを機に格安スマホへ移行しようと考えているユーザーも多いのではないだろうか。が、移行の方法や移行した後のメリットデメリットがわからずおいそれと移行できない人が多数いることだろう。

すでに、スマホが生活必需品として欠かせない存在になっているユーザーにとっても、通信費に頭を悩ませている方も多いはずだ。しかも、今や一人でスマホ2台を使い分ける、あるいはスマホとタブレットをフル活用するユーザーの姿も。夫婦で、家族でそれぞれがスマホを使うとなるとカケ算でコストが膨らんでいく。

こうした中、契約数を急増させている格安SIMがある。下記グラフにあるとおりコストベネフィットの高い価格設定と、利用シーンや目的に応じたプランで人気を集めているIIJmioである。

IIJmioを提供しているのは、法人向けのネット接続サービスやネットワークシステムの構築・運用などの領域で豊富な実績を誇るインターネットイニシアティブ(IIJ)。とりわけ、法人向けサービスで磨いた品質には定評があり、IIJmioは競争激しい格安SIMの市場において「お客様満足度」総合第1位を獲得した(MMD研究所「2015年5月格安スマホ利用者の満足度調査」より)。IIJmioが、今回の調査で最も高い満足度を達成したのは「初期費用」「月額料金」「音声通話品質」「通信の途切れにくさ」「通信速度」「データ容量」の6 項目。IIJmioが多くの顧客から厚い支持を受けていることがわかる。

顧客満足度を向上させる地道な取り組み

実際、それも理解できる。

IIJmioの料金体系はいたってリーズナブル。音声・データ専用・SMSの3タイプのSIMカードと月々データ量によって違う3種類のプランから、それぞれ利用状況に応じて組み合わせて利用する。最も安価なデータ通信専用SIMカードを選べば月額900円から、あるいは音声通話機能付きSIM「みおふぉん」でも月額1600円からスマホライフをはじめることができる。それでいて、日本のインターネットを黎明期から存在感を誇ってきたIIJならではのハイクオリティな通信品質を享受することができる。

さらに無料で配布している「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」にも触れなければならないだろう。こちらは通信速度をワンタッチで高速と低速に変更できるアプリ。たとえば、通勤時間帯にテキスト中心のニュースアプリを閲覧するときには低速にスイッチ、動画サイトなどを見るときには高速に切り替えるなど、必要なときだけ高速通信を利用することでデータ量を上手く節約することができる。しかも、こうした賢いコントロールで余ったデータ量は翌月に繰り越しが可能。契約したデータ量を無駄なく活用することができる。

次ページ利用目的に応じた多彩なプラン
お問い合わせ
IIJサポートセンター
 03-5205-4433
 https://www.iijmio.jp/
関連ページ
ユーザーに新たなメリット
新しいサービスで選択肢が広がる
ページを見る