消費するアジア 新興国市場の可能性と不安 大泉啓一郎著

消費するアジア 新興国市場の可能性と不安 大泉啓一郎著

アジア新興国のイメージは、先進国並みの景観を誇る大都市(メガ都市)の生産能力や消費規模によって形成されがちだが、1人当たりのGDPをはじめ、国レベルで平均化された指標とのギャップでわかるとおり、メガ都市は例外な存在にすぎない。しかも、メガ都市の延長線上に国全体の輝かしい未来を描くのも危険である。アジア全域で貧困率が急速に低下しているものの、富裕層との所得格差は是正されず、メガ都市に向かう急速な人口移動が、逆に今後の地方・農村の成長力を弱める原因にもなりかねない。

興隆著しいアジアのメガ都市の構造を「消費」の視点で分析。併せて、格差や社会不安などの懸念材料、日本の「立ち位置」を考察する。

中公新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。