次世代災害救助ロボは「二段変形」が主流に?

「2足歩行×タイヤ走行」で広がる可能性

優勝賞金200万ドル(約2億5000万円)をかけた災害救助ロボットコンテスト『DARPA Robotics Challenge(DRC)』決勝が、2015年6月5日〜6日(現地時間)に米国カリフォルニア州ポモナで開催された。

DARPA(米国防高等研究計画局)が主催するこの競技は、2011年の東日本大震災が契機。被災地や福島第1原発内での危険な作業を、人に代わってロボットが行っていた映像や写真が記憶に残っている方も多いだろう。この大会は、そういった災害救助ロボットのさらなる開発を促進するのが目的だ。

ガレキを越え、クルマの運転まで

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

2013年から開始された予選では、米国や中国、韓国、そして日本など、各国のチームが自慢のロボットで参加し、今回のファイナルには23チームが進出。

決勝のルールは、クルマの運転、クルマから降りる、ドアを開けて部屋に入る、バルブを開ける、ドリルで壁に穴を開ける、ガレキを越えるに加え、『日替わりサプライズ課題』の計8つのメニューを1時間以内で、最もはやいタイムでクリアしたロボットが、より高得点を得るというものだ。

結果は下記のとおりである。

優勝はTEAM KAIST(韓国)の『DRC-HUBO』、2位がTeam IHMC Robotics(米国)の『Running Man』、そして3位がTartan Rescue(米国)の『CHIMP』となった。

4チーム参戦した日本勢はTeam AIST-NEDO擁する『HRP2+』の10位が最高位だった。

次ページ上位のロボはどんなモデル?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。