産後ケアの伝道師、マドレボニータの挑戦

グーグルが期待を寄せる女性支援活動とは?

「Googleインパクトチャレンジの受賞が組織やスタッフの活性化につながっています」と話す代表理事の吉岡マコ氏(撮影:尾形文繁)

3月26日、グーグルの社会貢献活動のひとつで、日本の社会問題や課題に取り組むNPO法人に助成金を与えるGoogleインパクトチャレンジの受賞団体が発表された。

数百もの応募から絞り込んだファイナリスト10団体のうち、4団体にそれぞれ5000万円の助成金が与えられたが、そのひとつ、テクノロジーを活用した女性支援の「Women Will賞」を受賞したのがマドレボニータだ。

スペイン語で「美しい母」の意味を持つこの団体、母親の産後ケアに着目した取り組みで知られ、女性たちのクチコミによって広がってきた。今回の受賞によって、その活動に弾みをつけようとしている。

なぜ産後ケアが必要なのか

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

産後ケアと聞いて、ピンとくる人がどれだけいるだろうか。日本では、妊婦に対するケアは充実しているが、心身ともに不安定な時期である産後の女性に対しては、まだまだ十分な理解とサポートが整っているとは言えない状況にある。

マドレボニータが実施したアンケートでも、約8割が「産後うつだったと思う」、「産後うつの一歩手前だった」と回答。約6割が「妊娠中より体が楽にならなかった」、約5割が「産後に離婚が頭に浮かんだ」と回答するなど、産後の女性が直面する厳しい状況が浮かび上がってくる。 

マドレボニータは1998年、自ら出産後のつらさを味わった吉岡氏が、産後ケアの必要性を痛感してプログラムを開発したことから始まった。シングルマザーとして幼い子どもを抱えながら「産後のボディケア&フィットネス教室」を開講。フィットネスクラブでのアルバイトとのかけもちが続き、教室に専念できるようになったのは2年後だったという。

その教室も2013年度(2013年10月~2014年9月)には全国約50カ所で開催され、単発講座などを含めた年間受講者総数は6610人(前年度比23%増)となっている。

マドレボニータの活動は主に3つ。①産前産後のボディケア&フィットネス教室の開催、②インストラクターの養成・育成、③調査・研究だ。

次ページ体だけでなく、心のケアも重視
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。