風評被害 そのメカニズムを考える 関谷直也著

風評被害 そのメカニズムを考える 関谷直也著

なぜ風評被害は発生するのか。社会心理学の立場から災害を研究する著者は、風評被害は「疑心暗鬼の連鎖」だと言う。高度情報社会である現代でひとたび災害が起これば、メディアの報道は過熱する。「××産の野菜が放射能に汚染された」とわかれば出荷制限され、それを知った人々は念のため近隣の野菜まで買い控えるようになる。売れなければ業者も仕入れず、さらに売れなくなる。こうした負のスパイラルによって、風評被害はどんどん広がっていく。安全・安心を過度に追求する日本では、特に顕著に表れるという。

第五福龍丸被爆事件から今回の大震災まで、さまざまな事例を分析し、風評被害のメカニズムの解剖を試みる。

光文社新書 777円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
トランプ相場に乗れ! <br>超成長株・優良株350

日経平均2万円突破は秒読み。米国株も最高値圏が続く。今年の上昇銘柄を見逃す手はない。いま仕込む日米両国の株・投信を紹介。初心者向けに「今年から始める米国投資」も掲載。