調子のいいときこそ、クラブ選びをしよう

同じスイングを繰り返せる時にチェックを

この時期、ゴルフ場は濃淡さまざまな緑で彩られ最高に美しいですね。

さて、今日はゴルフクラブを買い替えるときの目安のお話です。毎年、各ゴルフメーカーから新モデルのゴルフクラブが発売され、ネットや雑誌に紹介記事がたくさん出ています。まず、クラブを変えるときに大事なのは、どんなクラブが自分に合うのか目安を持つことです。それには、自分のスイングの特徴を知ること。ゴルフショップでスイング解析機を使い、プロにスイング診断してもらうと、すごくいい参考になります。

クラブにはそれぞれスペックと呼ばれる仕様があります。そこで大事なのは五つ。1.シャフトの硬さ、2.キックポイント、3.クラブバランス、4.トルク、5.クラブ総重量です。

スペックによってどんな差があるのか

1.シャフトの硬さ RやS、Xなどで表示されます。スイング中、これが合わないといくらいいスイングをしてもいい弾道にはなりません。

2.キックポイント 先調子、中調子、手元調子の三つがあり、インパクトでのクラブフェースの戻り方に違いが出ます。つまり、ボールの当たるタイミングに差ができます。

3.クラブバランス D1とかC8などで表示されていて、ダウンスイングのときにシャフトのしなりを感じるようなバランスがいいです。

次ページ調子の悪いときに探すべきではない
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
芸人・アナウンサーに学ぶ<br>最強のコミュ力

お笑い芸人にして芥川賞作家・又吉直樹の「伝わる」文章の極意。ベストセラー「話し方の教科書」をもつアナウンサー・魚住りえの「聞き方」講座。コミュニケーション技術を達人に学ぼう。