北米でも大人気!ロシア製「2画面スマホ」

背面は電子ペーパータイプの画面に

5インチフルHDディスプレーの「YotaPhone2」。背面には4.7インチの電子ペーパータイプの「E-ink」を採用し、電子書籍などの文字が読みやすい2画面仕様だ(画像右側)。

ロシアやヨーロッパなどで2014年末に発売された2画面スマートフォン「YotaPhone2」が、北米デビュー! クラウドファンディング・サイト「Indigogo」の販売キャンペーンで大好評を得ている。

「YotaPhone2」は、ご存じの方もいると思うが、2014年2月にスペインの「Mobile World Congress2014」で発表され一躍話題になった、ロシアの端末メーカーYota Deviceが作ったスマートフォン。

なぜ話題になったかというと、表面は通常の液晶画面なのに対し、背面が「E-ink」ディスプレーになっているという、画期的な「2画面スマホ」だからだ。

背面は独自OSで動作する

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

「YotaPhone2」は、ブラックとホワイトの2色。主なスペックは、まず表面が5インチフルHDディスプレーで、OSにはAndroid 4.4Kitkatを搭載。CPUは2.2GHzクアッドコアで、RAM2GB、ROM32GB。8メガピクセルカメラも搭載。どちらかといえばハイスペックの部類に入るモデルだ。

一方、注目の背面のディスプレーは4.7インチの「E-ink」、つまり電子書籍などが読みやすい電子ペーパータイプを採用している。

画面には、電話やメッセージなどのアプリアイコンや電池残量などシステム関連の情報などが表示できる。もちろんタッチパネル式なので、アイコンの操作は指でタップするだけでOKだ。

次ページ日本語への対応は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。