バッテリーは「ムダ電波」の活用で長持ちに!

通信中のバッテリー消費を最大30%削減

携帯電話からでるムダな電波を再利用する――。そんな「元気玉」みたいなことが現実に可能なのだろうか?

携帯電話が発する電波をキャッチして、自らのバッテリーに還元し、最大30%も電池を長持ちさせるという、にわかには信じられないデバイスをオハイオ州立大学の研究者が開発したらしい。近いうちに、クラウドファンディングのサイトで市販化のための資金を募集するというのだ。

体積や重さを増やさずにできる?!

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

「鉱石ラジオ」をご存じだろうか?ゲルマニウムラジオは電源がなくても聴くことができる。なぜか? ラジオが受信した電波のエネルギーで鳴るからだ。電波は微少ながら電力を持っているのである。したがって、電波をキャッチすることで電力を吸収することが、一応可能ではある。

実際に、環境発電(Energy Harvesting)というのは、現在旬の研究テーマである。外部電源や電池を必要としないで機器を作動させることができるように、環境からエネルギーを採り入れる技術のことだ。ごくシンプルなセンサーなど、省電力のデバイスでは可能になっている。

しかし、オハイオ州立大学のウェブサイトで発表されている研究は、そんなものではない。携帯電話が発する自らの電波をキャッチして、それを直流の電力に変え、再び携帯電話のバッテリーに戻すというものだ。携帯電話のケースの中にその機能を搭載することで、たいして体積も重さも増えることなく可能になるという。

次ページ電波の97%は、目的地に到着せずに失われている!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。