米国人もコッソリ学ぶ「世界標準」の社交術

日本人が知らない「パーティ」のマナー

パーティ会場での洗練された振る舞いには、ちょっとした「コツ」がありました(写真:bst2012 / PIXTA)
海外の人とのビジネスなどでの社交の際に、どうしたらよいか、戸惑うことはありませんか? 本連載では、カリスマ・マナー講師とハリウッド女優が上梓した『世界標準のビジネスマナー』の解説者が、同書の内容や関連するトピックから、ビジネスパーソンの皆さまに役立つ話題をお届けします。

 

米国のカリスマ・マナー講師とその孫であるハリウッド女優が、あいさつからモバイルツールでのやり取りまで、世界で行われている必要最低限のマナーを豊富なイラストを用いて解説。米国の大学生もこっそりと読んでいます。外国人とのビジネスシーンの直前の一夜漬け用としてもおすすめ(上の画像をクリックするとAmazonの購入画面にジャンプします)

ちょうど今頃から、米国の書店の最も目立つコーナーに、大学を卒業するときに読むべき本のコーナーが作られています。これから社会人になる人に何が求められているのかを知るバロメーターとして、私は毎年楽しみにしています。

そんな中で、米国のカリスマ・マナー講師であるドロシア・ジョンソンさんと、その孫であるハリウッド女優のリヴ・タイラーさんの書いた『世界標準のビジネスマナー』(原書名:Modern Manners)は、そのコーナーの最も目立つところにうず高く積まれています。まさしく、大学を卒業するときの必読の1冊ということになっているのです。

私は、米国の大学で研究し、その後、数年間、ワシントンのシンクタンクに勤めた経験がありますが、現地の書店で本書を手に取って、パラパラとめくったときに、「もっと早くこの本に出合いたかった!」と叫びそうになりました。ビジネスにおける基本事項がすべて書かれていたからです。自信満々に見える米国人は、こうしたマニュアル的な本で武装しているのです。

次ページ「世界標準のビジネスマナー」はとてもシンプル
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。