FIFA会長側近が賄賂1000万ドルを送金か

バルク事務局長が2010年南アW杯招致で

 6月1日、FIFAの汚職事件で、捜査を進めている米検察当局は、ブラッター会長(左)の側近であるバルク事務局長(右)が1000万ドルの賄賂送金を行ったとみていることが分かった。チューリヒで先月撮影(2015年 ロイター/Ruben Sprich)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件で、捜査を進めている米検察当局は、ブラッター会長の側近であるバルク事務局長が1000万ドル(約12億円)の賄賂送金を行ったとみていることが分かった。関係筋が1日明らかにした。

米検察当局は、2008年に「高い地位にあるFIFA当局者」がワーナー元副会長側に送金したとしており、その当局者がバルク事務局長だという。

ワーナー元副会長は今回の事件で起訴されたが、バルク事務局長は起訴されていない。米紙ニューヨーク・タイムズも事務局長の汚職関与について報道。FIFAは報道を受け、バルク氏が6日に開幕する女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会の開会式出席を取りやめると発表した。

起訴状では、1000万ドルの賄賂について、2010年にW杯を開催した南アフリカの招致を成功させるために送られたとされている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。