【産業天気図・化学】エチレンはフル生産。大手4社で明暗、設備投資増額の動きも

エチレン生産は2005年1~10月累計で約630万トンで前年同期比0.9%増。ここのところプラント稼働率はほぼ100%のフル生産状態が続いている。おそらく05歴年ベースでもエチレン生産は微増となり、02年を底に3年連続して増産となろう。
 その中で発表された化学会社の05年9月中間期決算は期初予想を上回る例が多く、原料ナフサの価格高騰をある程度、製品価格に転嫁する一方、電子材料などの好調で業績を支える会社も目立った。化学大手4社は全社増収となったが、三井化学<4183.東証>(20.8%減)と旭化成<3407.東証>(13.9%減)の2社は営業減益となり、通期の営業利益予想を三井化学が110億円、旭化成は50億円減額した。これに対し三菱ケミカルホールディングス<4188.東証>(10月から共同持ち株会社に)は5.8%、住友化学<4055.東証>は4.5%の営業増益となり、三菱は10億円、住友化学は100億円と営業利益予想を増額修正した。三菱は期末6円配(半期ベース)の予定で、来期は12円配に進む可能性が出てきた。
 今下期、各社は為替は1ドル=110円、国産ナフサは4.5万~4.7万円(上期は3.8万円がベース)を想定、その製品価格転嫁には慎重な姿勢で、石油化学部門の収益は上期に比べて低下する見通しを立てている。その中で住友化学と三井化学の両社は通期の設備投資を増額した。住友化学はサウジ・ラービグ石化プロジェクトの第1回投資分500億円が加わるため。三井化学は「EPT(エチレン・プロピレン・ターポリマー)など機能性材料の投資を拡大する」(藤吉建二社長)ため、当初の980億円を1200億円に増額した。 
【宇田川日出雄記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。