日経平均11日続伸、一部に利益確定売りも

週末要因もあり引けにかけて伸び悩む

 5月29日、東京株式市場で日経平均は11日続伸。終値は前日比11円69銭高と小幅の上昇にとどまったが、2000年4月12日以来、約15年1カ月ぶりの高値水準で引けた。都内で2010年11月撮影(2015年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 29日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は11日続伸。終値は前日比11円69銭高と小幅の上昇にとどまったが、2000年4月12日以来、約15年1カ月ぶりの高値水準で引けた。前日の米国株安や円安進行の一服を背景に、朝方は利益確定売りが広がったものの、押し目買いの意欲が強く切り返す動きとなった。中国株の反発も投資家心理を改善させた。一時は84円高まで上昇したが、週末のポジション調整売りなどが出て伸び悩む展開だった。

ドル/円が123円台後半で推移するなど、為替がやや落ち着きを取り戻したことで、直近で買われた輸出関連株の一角に利益確定売りが広がった。一方、内需株や出遅れのバリュー系銘柄には、海外勢とみられる買いが継続し相場を支えた。日経平均は27年ぶりの11連騰と連続上昇記録を伸ばした。「外部環境、需給とも良好で押し目がない。想定外に強い相場で一部の売り方も耐えられず、ショートカバーが入った」(証券ジャパン調査情報部長の大谷正之氏)とみられている。

東証1部の売買代金は3兆6663億円で、今年2番目の高水準だった。大阪取引所によると、5月第5週限日経平均オプションの最終決済に関わる日経平均のSQ(特別清算指数)値は2万0510円33銭となった。

個別銘柄では日本駐車場開発<2353.T>が続伸。28日に発表した2015年7月期第3四半期(14年8月―15年4月)の好業績を評価した。連結営業利益は前期比16.1%増の25億5700万円。駐車場の運営物件数、台数が順調だったほか、スキー場事業も伸びた。半面、名村造船所<7014.T>が大幅安。28日に発表した2016年3月期業績予想の下方修正を嫌気した。受注していた新造船2隻が解約になったという。

東証1部騰落数は、値上がり970銘柄に対し、値下がりが774銘柄、変わらずが140銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      20563.15 +11.69

寄り付き    20510.27

安値/高値   20508.4─20636.41

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1673.65 +0.89

寄り付き     1671.14

安値/高値    1669.93─1680.39

 

東証出来高(万株) 329190

東証売買代金(億円) 36663.17

 

(河口浩一)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。