ウソを見破る統計学 退屈させない統計入門 神永正博著

ウソを見破る統計学 退屈させない統計入門 神永正博著

日本の2人以上世帯における金融資産保有額の平均値は1169万円(2010年)、中央値は500万円だ。これは、平均値の1169万円を境にしてちょうど半数ずつの世帯がある、ということではなくて、半分の世帯は金融資産が500万円以下ということになる。中央値と平均値が700万円近く違うのは、一部のお金持ちが全体平均を押し上げているから。平均値がデータの特徴をうまくとらえられず、中央値のほうがより適切に状況を反映する場合もある、と大学で応用数理を教える著者は指摘する。

平均値や中央値、標準偏差、正規分布、回帰分析といった統計学の基本を、事例を交え解説。統計を正しく見極める方法を伝授する。

講談社ブルーバックス 945円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。