ジョン・キムのハーバード講義 逆パノプティコン社会の到来 ジョン・キム著

ジョン・キムのハーバード講義 逆パノプティコン社会の到来 ジョン・キム著

パノプティコンは「全展望監視システム」と訳される。18世紀に英国の思想家であるベンサムによって考案された監獄の設計案だ。ウィキリークスやフェイスブックの登場で、監獄で看守塔にいるのは市民、監視されるのが政府と、逆構図の社会が出現しそうだという。

政府や大企業は、情報の占有・統制によって、その権威の構築・維持を図ってきた。だが、情報の透明化が究極まで進むと、既存の権威は崩壊し、新しい権威体制へと再構築される可能性が出てくる。

ウィキリークスやフェイスブック革命の分析を通じて、「完全透明化社会」への動きや「ゲリラ的市民運動」の行方について、デジタルコンテンツの研究者が見通す。

ディスカヴァー携書 1050円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?