子の「問題行動」は、将来強みになる可能性も

「長所」として親がどう見つめてあげるか

(写真 : monogocoro* / PIXTA)

子育ての渦中にいると、目の前で起こることに振り回されてしまうものです。特にそれがママにとって望ましくない行動だと、ついつい小言が多くなってしまいますよね。

そこで今日は、『ひとりでできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、今、マイナスに見えるわが子の行動が「社会に出ると強みになる」4つのことについてお話ししたいと思います。

こんな行動は将来の強みになる可能性が

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

■1:人に頼ってばかりいる

「ママ、出来ない」と頼ってばかりいる子、過保護にすることはいけませんが、SOSを出せるのはいいことなんですよ。

「こんなこと聞いたら馬鹿にされるだろう」「わからないことは恥」と思わないことは大事なこと。

「私はわからないので、どうぞ教えてください」。こうして人を頼ると、頼られる方は嬉しいものです。その人の貢献意欲を満たしてあげることが出来るからです。

■2:自分の弱みを見せる

「コミュニケーション力のある子を育てよう」とよく言われますが、これを付けたいと思うのならば、「弱音を吐くな」「人に迷惑をかけるな」のように言わないことです。

自分一人の力でやりきるとか誰かに勝つという信念より、人の力を借りて楽をすることの方が大事なこともあります。

親からの「人に頼るのは恥ずべきこと」の教育に縛られていたら、その子は一生助けてもらうことは出来ないでしょう。高尚なポリシーは一旦捨ててみましょう。

次ページ「落ち着きがない」子は大物になるかも?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。