米国株続落、利上げやギリシャ懸念が重し

ダウ190ドル安、S&Pは3週間で最大の下落

 5月26日、米国株式市場は続落して取引を終えた。ギリシャ懸念が引き続き相場の重しとなっていることに加え、米経済指標が一部堅調だったことで利上げが前倒しされるのではないかとの観測も売り要因となり、主要3指数は軒並み1%を超えて下落。写真は、ニューヨーク証券取引所、2月撮影(2015年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 26日の米国株式市場は続落して取引を終えた。ギリシャ懸念が引き続き相場の重しとなっていることに加え、米経済指標が一部堅調だったことで利上げが前倒しされるのではないかとの観測も売り要因となり、主要3指数は軒並み1%を超えて下落。

S&P総合500種の下落率は過去3週間で最大となった。

ダウ工業株30種<.DJI>は190.48ドル(1.04%)安の1万8041.54ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>は56.61ポイント(1.11%)安の5032.75。

S&P総合500種<.SPX>は21.86ポイント(1.03%)安の2104.20。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

終値(非公式)    18041.54(‐190.48)

前営業日終値    18232.02(‐53.72)

ナスダック総合<.IXIC>

終値(非公式)    5032.75(‐56.61)

前営業日終値    5089.36(‐1.43)

S&P総合500種<.SPX>

終値(非公式)    2104.20(‐21.86)

前営業日終値    2126.06(‐4.76)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。