ディー・エヌ・エーは南場社長が家族の看病のため急遽退任、モバゲー統括の守安氏が昇格

ディー・エヌ・エーは南場社長が家族の看病のため急遽退任、モバゲー統括の守安氏が昇格

携帯ソーシャルゲーム大手のディー・エヌ・エーは25日、6月の定時株主総会を経て、南場智子代表取締役社長が退任、後任に守安功取締役が昇格すると発表した。

南場社長は非常勤の取締役に就く。病気療養中の家族の看病を優先するため、社長を退任する。4月28日の決算発表時の6月総会人事では南場氏は続投としており、連休明けになって急遽、事態が変わった。

あわせて、EC事業と財務・管理部門を管掌していた春田真常務取締役は取締役会長に昇格、ただ、財務・管理部門は引き続き管掌するため、実質的な役割にあまり変更はない。

新社長となる守安氏はエンジニアで、ディー・エヌ・エーの屋台骨であるモバゲーを、その事業開始当時から担当してきた。ここ何年かは、社長の南場氏、管理部門の春田氏、そしてモバゲー部門の守安氏の3人は一体となって同社の経営を牽引してきた。そのため、実態としては大きく変わらない模様。とくに収益源のモバゲーは引き続き守安氏が直轄するため、影響はないとみていいだろう。

取締役に残ったとはいえ、今後、南場氏がトップに復帰することはないという。

(丸山 尚文 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。