気分爽快!世界の風景を映す「デジタル窓」

ラインナップは200以上、便利機能も多数

(写真 : june / PIXTA)

クラウドファンディングのKickstarterで資金調達を始めたのが、世界中の美しい風景を映しだし、音まで聞くことができる窓『Atmoph Window』だ。『Atmoph Window』には、独自に撮影された4K映像が映し出され、サウンドが流れる。

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

これを壁に掛ければ、世界の風景が見える窓が部屋に増設された気分になれそうだ。

4K映像による世界の美しい風景が

『Atmoph Window』は27インチの縦型ディスプレイ(1920×1080ピクセル)だ。そこには、独自に4Kで撮影された世界中の風景が映像として表示される。

映像のラインナップは、200本以上が予定されているので、世界中から厳選された海岸や森、街並み、夜景などが窓の向こうに広がっているような気分を味わえる。

それだけではない。世界中の今の風景も映し出されるように、世界各地からリアルタイムに配信されるライブストリーミング映像も映すことができるのだ。

部屋に居ながら、遠い異国の今の風景を窓から眺められるというわけだ。

次ページさわやかな鳥たちのさえずりで起床
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。