男にも「女子力」が求められる時代になった

吉田正樹×太田彩子「女性の仕事観」<下>

ヒット番組を数多く手がけられたテレビプロデューサー、吉田正樹さんと、吉田さんの事務所に所属し日々活動している私、太田彩子の対談、後編です。
前回はテレビ業界で働く女性の資質などについてお聞きしました。今回はキャリア観の男女差をさらに深く掘り下げるとともに、近い将来に社会人となる若者たちの気質について、吉田さんの興味深い考察が展開されました。

 

男性にもロールモデルがない時代?

太田1986年に男女雇用機会均等法が施行されたとき、仕事をする女性にはロールモデルがいなかったので、その世代の人たちは自らがキャリアウーマンにならざるを得なかったと想像します。その次の世代は、見習うべきロールモデルを見いだせなかったから、ロールモデルなんていないよねという結論に達しました。現在は、そもそも「ロールモデルって何ですか?」という時代だと思うんですよ。

吉田男も、若い世代はそうなりつつありますよ。「あんな頂(いただき)に登りたい」という目標はあるかもしれないけど、出世した先人が通った道を同じように歩いても、その人のところには行けないとわかってしまったから。

太田吉田さんの事務所にいらっしゃる大学生のお弟子さんには、そのあたり、なんて言ってるんですか?

吉田「俺と戦え」です。僕の後ろには道はないから、後ろをついてきたってしょうがない。正面に回って「いざ尋常に勝負」と言いなさいと。

太田従来から言われてきた「俺の背中を見ろ」とは真逆なんですね。

次ページイマドキの夫婦円満の秘訣とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。