川崎重の好業績支えるボーイングとの深い縁

重工大手2社の航空部門トップに聞く(上)

川崎重工はボーイング777や787(写真)の胴体、主脚格納部などの製造を担っている(写真:BOEING)
重工メーカー大手、川崎重工業とIHIの業績が好調だ。両社が発表した2014年度決算は、川重の営業利益が872億円、IHIも632億円と、そろって過去最高となった。牽引役はいずれも民間航空機の関連事業。川重は旅客機の胴体など、IHIは旅客機エンジンのモジュール部品製造を主力とする。
民間航空機産業は着実な成長が期待される分野だが、はたして両社の実力は本物なのか――。東洋経済オンラインでは、両社の航空関連事業トップのインタビューを2回に分けて掲載する。1回目は、川重の航空宇宙カンパニーを率いる石川主典常務に、民間航空機事業の現状や今後の課題などを聞いた。
第2段「IHIの最高益を牽引した"翼の下の力持ち"」はこちら

「4番バッター」の期待に数字が伴ってきた

石川主典(いしかわ・むねのり)●1975年川崎重工業入社。航空宇宙カンパニー技術本部副本部長、生産本部長を経て、2013年から同カンパニープレジデント(撮影:梅谷秀司)

――2014年度の連結営業利益872億円のうち、航空宇宙部門は363億円と全体の4割以上を稼ぎ出した。前期と比べても、部門としては4割近い増益だ。

航空宇宙部門は以前から社内で「将来の4番バッター」と期待されてきたが、ようやく数字が伴ってきた。収益の伸びという面では、やはり需要が旺盛な民間航空機分野が牽引役だ。

米ボーイング社の777型機と787型機用の胴体の一部、主脚格納部などの製造が大きな柱だが、777関連、787関連とも操業度が高く、非常にいい。部門の売上高構成を見ても、こうした民間航空機分野が防衛分野と並ぶまでに育ってきた。

――ボーイングとの取引はドル建てなので、円安要因も大きいのでは?

昨今の円安が追い風になっているのは事実だが、円安でたまたま利益が出ているわけではない。2008年ごろから数年間続いた円高局面において、生き残るために血のにじむようなコスト削減をやった。その後も、現場は絶えず改善活動をやっている。今の数字は、そうした努力があってこそだ。

次ページ787は非常に大きなチャレンジだった
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。