最新!これが人気スマホアプリ「トップ10」だ

4月に浮上したゲームタイトルは?

4月の人気ゲームアプリは?(写真:Ushico/PIXTA)

AppAnnieのスマホアプリランキング。今回は5月20日に同社が発表した4月分のランキングについてリポートする。第10位までのダウンロード、売り上げランキングを、中軸のカテゴリであるゲームアプリについて見ていく。地域は日本国内だ。

ダウンロード数の首位は「LINE POP2」だ。昨年12月にリリースされた定番パズルアプリだが、3月末から4月初旬にテレビCMを放映。その際に1時間遊び放題という特典を付けた効果もあり、一気に浮上したかっこうだ。

2位も同じLINEの「ディズニーツムツム」。メッセージングアプリのデファクトになったLINEは、ゲームでも大きな強みを発揮している。一方、前月首位だった「ねこあつめ」(ヒットポイント)は3位に後退した。

コナミの実況パワフルプロ野球は、従来の家庭用ゲームからの移植作品。こうした老舗メーカーのIPがどれだけスマホ上でも伸びていくかが今後の注目点といえる。一時期は首位を走っていたリイカの単純な物理応用型パズルゲーム「Q」は10位にまで落ち込んでいる。ダウンロードランキングは、栄枯盛衰が激しい。

一方、アイテム課金などの総合計を推計した売り上げランキングはパズドラ、モンスト、ツムツムなどロングセラーゲームが上位を占めており、トップ5までが不動。主な動きとしては、LINEのPokoPokoが6位から9位へ落ち込んだ一方、サイバーエージェントの戦国炎舞KINZAが15位から10位へと浮上した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。