松下幸之助の「生きていく上で大事な3要素」

「変えたらいかんものは、変えたらいかん」

松下幸之助が語った、生きる上で大切な3要素とは――(写真:foly / PIXTA)
昭和の大経営者である松下幸之助。彼の言葉は時代を超えた普遍性と説得力を持っている。しかし今の20~40代の新世代リーダーにとって、「経営の神様」は遠い存在になっているのではないだろうか。松下幸之助が、23年にわたって側近として仕えた江口克彦氏に口伝したリーダーシップの奥義と、そのストーリーを味わって欲しい。(編集部) 

 

主よ、変えられないものを受け容れる心の静けさと、
変えられるものを変える勇気と
その両者を見分ける英知を我に与えたまえ

(O God, give us Serenity to accept what cannot be changed,
courage to change what should be changed,
and wisdom distinguish the one from the other. )

 

この言葉は、米国の神学者、ラインホールド・ニーバー(1892-1971)の名言として、世界中の人々に知られている。この言葉は、運命、宿命、生死、努力、挑戦、知恵、理性、人生などを前提に、ニーバーは教会に集まった信者たちに話したのだろう。

変えられないものは変えてはならない。変えるべきものは変えなければならない。これは経営においても、仕事においても言える。松下幸之助は、経営を進めていくなかで、普遍性と時代性、そして国民性が大事だと繰り返し述べている。

「経営理念を貫かなければ、会社は潰れてしまう」

当連載の関連書籍「ひとことの力」は好評発売中です。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

昭和49(1974)年秋、少し肌寒く感じるようになった京都の私邸、真々庵の座敷で庭を眺めながら、

「会社の経営でもなんでもそうやけど、普遍性というか、そういうものは絶対に変えずに、貫く棒のように守り続けると。そういうことが必要やな。まあ、そうやな、基本理念やね。会社経営の理念、それはどのような時代になっても守り抜かんと、会社はすぐ潰れてしまう。経営の拠りどころやな。迷ったときにそこに戻って、そこからどうすべきかを考える。そういうことが大事や。だから、経営理念というか、基本理念、これは変えたらいかん。消してしまったらあかん。変えたらいかんものは変えたらいかんのや。それを変えたり、消したりすると、迷ったとき、どうしたらええかわからんくなる」

次ページなぜ基本理念を変えてはいけないのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。