アメリカで「最も健康的な都市」はどこか

下位にはオクラホマシティ、メンフィスなど

 5月19日、米スポーツ医学会(ACSM)が発表した2015年の米フィットネス指数によると、全米で最も健康的な都市は2年連続でワシントンDCとなった。写真は2005年撮影(2015年 ロイター/Gregg Newton GN )

[ワシントン 19日 ロイター] - 米スポーツ医学会(ACSM)が発表した2015年の米フィットネス指数によると、全米で最も健康的な都市は2年連続でワシントンDCとなった。2位がミネアポリス・セントポール、3位にはサンディエゴが続いた。

下位には、オクラホマシティ、メンフィス、インディアナポリスが入った。

指数は、屋外活動に対する選択肢の多様さ、喫煙率、肥満や糖尿病の発症率などから算出。今年は公園へのアクセスが新たな指標に加えられた。

一方、過去30日以内に運動した米国人は1年間で11%減少。糖尿病による死亡率は7.8%増加した。毎日十分果物を摂取している人の割合は5.5%低下した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。