6つのルールで「恥ずかしがり」は克服できる

セレブパーティで身をもって効果を体験

新聞記者から実業家に転身、オンラインマガジンを立ち上げて、大成功し、会社を売って、悠悠自適というイタリア人のオジサマ、ジャスティン・ビーバーの写真をついこの間、撮影したばかりというカメラマン、ドラマ『ウェストウィング』に出ていたという俳優、村上隆の助手をしていたという舞台芸術家、ジャズ歌手、ホワイトハウスに出入りするNGOの関係者など実にさまざまな文化人、経済人が快く話に応じてくれ、会話を楽しむことができた。有名なトークショーの脚本家という男性にも巡り合った。

このコミュ力の連載で、「どうやったら笑いがとれるのか」というネタをいつか書いてみたいと思っていたところだったので、「これ幸い」と、「今度、取材させてくれる?」とお願いしてみたところ、快くOKをもらい、メールをゲット。10人という目標を達成し、高いピンヒールに耐えられなくなったところで、退散した。

結論 → 6つのルールは非常に効果がある。「恥ずかしがりや」は克服できる!

恥ずかしさは『自信』とは関係ない!

今回の「実験」を通じて、学んだことは数多かったが、何より目から鱗だったのは、「恥ずかしさは『自信』とは関係がない」ということだ。「自信がないから、恥ずかしいという気持ちになるのだ」と思っている人は多いかもしれない。しかし、「恥ずかしさ」は自分がどう見られているのか、思われているのか、ということばかりを気にする「自意識過剰」から起こるのもので、「自信とは関係がない」とカルドゥッチ教授は断言する。

恥ずかしさを克服するベストな方法は、自分にばかり関心を向けるのではなく、相手のことを本当に知りたい、相手の話を聞いてみたい、と真剣に思うことだという。自分ではなく相手に意識を集中し、真摯な興味を抱くこと。つまり、他人に対する「思いやり」こそが、恥ずかしさ克服の特効薬だったのだ。

次回はこの「思いやり」の会話術を深化させ、あなたのカリスマを10倍にする方法についてご紹介したい。お楽しみに!

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。