日本復活に大事なのは国民の覚悟と産業活力--『日本の突破口』を書いた中島厚志氏(経済産業研究所理事長)に聞く

日本復活に大事なのは国民の覚悟と産業活力--『日本の突破口』を書いた中島厚志氏(経済産業研究所理事長)に聞く

「20年デフレ」に東日本大震災が加わり、新たな苦難を背負うことになった日本。その復活は、国民の覚悟と産業活力で、と説く。

──現在の日本において大事なのは「覚悟」と「活力」ですか。

増税を受け入れる覚悟だけではない。活力にしても、要は、どういう社会、経済を作っていくのかが問われている。少子高齢化問題をはじめ、方策はわかっているはずだ。覚悟と決意を持って負担し合いながら、目指す社会を作っていきたい。

東日本大震災についていえば、復旧でなくて復興。大きな枠組みで考えよ、というのが歴史の教訓だ。日本経済の下押しを元に戻すだけでは、再び低成長経済に戻るのみだ。しかも結果として財政赤字が増えるだけ、というのではいただけない。併せて、日本全体の活力の、回復というより増進につながる方向にぜひ持っていきたいものだ。

──日本人の絆が強調されています。

今回の大震災で日本人の絆や団結心が注目された。これは社会のあり方についての日本人の思いにつながっている。そうであれば、よりよい社会、経済システムを作るうえで、絆が経済と無縁とはいえない。日本にはイエ社会、ムラ社会といわれるものがあり、家族や地域で助け合ってきた。これ自体は時代とともに内容に変化があるが、それを活用できれば、社会保障の一部の代替に無理のない形でつながる。

日本はどのような社会を作ろうとしているのか、そこではどういう形で覚悟をしていくのか。その国民の覚悟ができれば、いちばんの経済対策になり、かつ打ち出の小づちにもなる。日本人としての今までの生き方を、その覚悟においてうまく踏まえていければ、日本経済は確実に復活する。大震災に見舞われても、いい形で活力を取り戻せ、東北地方の復興も早くできると思っている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。