難関医学部の入試英語は、何を見ているか

ここ数年で難易度がグンと上がっているワケ

(写真:tooru sasaki / PIXTA)

前回までは小論文、面接など医学部入試で実施される2次試験について述べてきた。連載第5回の今回は、趣向を変えて、学科試験の内容について少しお話したいと思う。今回は英語である。

まず、昨今の医学部入試が従来と大きく異なるのは、私が医学部受験予備校の代表を務めていた10年ぐらい前と比べ、入試の難度が急激に高くなっているという点である。

今日はひとつ、興味深いエピソードを通じそれを証明してみよう。先日、私のもとを、いわゆる優秀な医学部受験生のA君が訪ねてきた。そこで彼に、以下のような問題用紙を手渡し、質問をしてみた。

〈問題1〉以下の英単語の意味を答えなさい。複数の意味がある場合は、なるべく複数の意味を答えなさい。
1 outgoing 2 mine 3 grave 4 fire 5 book

 

ここまでは答えられて「当たり前」?

A君は、私が渡したプリントを手に取り紙面をじっと見つめていたが、涼しい顔をしてすぐに答え始めた。

「1は『社交的な』『社交性のある』という意味です。2は『私のもの』という意味以外に、『鉱山』、『地雷』という別の意味があります。3は頻出ですね。『墓』という名詞と『深刻で重々しい』という形容詞があります。4は『火事』という意味以外に『~を解雇する』という動詞の意味が。同様に5も『本』という意味以外に『予約する』という動詞の意味があります。そんなところですが、先生どうでしょう」

なるほど、なかなかの秀才君である。でも、これは当たり前のことなのだ。何故なら、〈問題1〉の出典は、受験生のバイブルと言われる英文法・語法の問題集からの出題だからである。

A君のような真面目な受験生なら、この問題集を少なくとも高3時までには完全にマスターしているのが通常だ。そこで、次の出題を試みた。私は〈問題2〉の用紙をA君に見せ、その反応を見た。

〈問題2〉以下の英単語の意味を答えなさい。
1 fulfillment 2 befriend 3 endocrine 4 farsight 5 audit
6neurosurgeon 7 glucose 8 plagiarism 9 tumor 10 bladder
11 urinate 12 anthropologist 13 saliva 14 breadwinner
次ページ難関突破に、必須の知識か?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。