マイナンバー

累計56万社の導入実績「奉行シリーズ」のノウハウを注入
マイナンバーはOBCにおまかせあれ
「マイナンバー収集・保管サービス」新登場!

オービックビジネスコンサルタント

つねにユーザー視点の使いやすさと価格設定

財務会計ソフト「勘定奉行」などの「奉行シリーズ」で知られるオービックビジネスコンサルタント(OBC)。普段から企業の基幹業務をサポートしているだけに、マイナンバー制度への対応も万全だ。

特徴の一つはクラウド型のシステムを構築し、高いセキュリティを保っていること。OBCの和田成史社長が説明する。

代表取締役社長
和田成史

「マイナンバー制によって各企業にかかる負担はとても大きい。自前で高いセキュリティのシステムを構築するのは、大多数の企業にとって責任もリスクもコストも大きすぎます。しかも情報を社内に置いておけば、流出の危険性はどうしてもつきまといます。社内に情報を置くことは、社内にリスクを抱えることに等しいのです」

だからこそ、クラウドだと和田社長は強調する。そして入力方法にも特徴がある。画一的な方法があるのではなく、スマホ、PC、郵送など複数の選択肢があるのだ。

その中でももっとも手軽で、なおかつセキュリティも高い方法が、スマホを使用するもの。従業員は、まず自分のマイナンバーカードや身分証明書などをスマホで撮影して、そのデータをクラウド上にアップロードする。番号を書き間違うことはなく、家から自分のマイナンバーを持ち出す必要もない。

源泉徴収票作成など、従業員の番号が必要な時は、マイナンバーを担当する事務取扱担当者がクラウド上に取りに行くという仕組みだ。紙の書類での管理だと漏洩や紛失のリスクが気になるが、その心配は不要。手作業時にかかる手間も削減できる。しかもクラウド上にある番号を利用する時には、ID・パスワード、ワンタイムパスワード、さらに電子証明書という3段階のアクセス認証の「壁」を用意しているので、万全の防備と言えよう。

費用に関しては、企業の従業員規模に応じて設定される。和田社長は「企業層にかかわらず、継続してご利用いただける価格を用意しております」と明言する。

同社の「奉行シリーズ」は累計56万社の導入実績を誇る大ヒット商品だが、その人気の理由の一つが使いやすさ、わかりやすさにある。これまでに培ってきたユーザー志向のモノづくりのノウハウや価格設定は、このサービスでも存分に生かされているようだ。

次ページ低コストでスピーディなサービス
お問い合わせ
オービックビジネスコンサルタント
 0120-121-250
 http://www.obc.co.jp/click/bugyo-i/mynumber/
関連記事
違反すれば懲役・罰金も
企業は今すぐにでも準備を
記事を読む