ヤマトHLDが宅配便の被災状況を発表。東北地方の25%の営業店が被災、社員5人が死亡、1人が行方不明【震災関連速報】

ヤマトHLDが宅配便の被災状況を発表。東北地方の25%の営業店が被災、社員5人が死亡、1人が行方不明【震災関連速報】

ヤマトホールディングスは5月2日、都内で決算説明会を開催。その席上で木川眞社長が東日本大震災による宅配便子会社、ヤマト運輸の被災状況を詳らかにした。

東北地方の営業所は、11店が全壊、4店が福島第一原発の避難区域内で未確認だという。また、9店が半壊で使用不能、61店は一部損壊だが使用可能。トータルでは、東北地方の営業所のうち25%が被災し、7%が使用不能となっている。

車両は58台が全損、9台が一部破損だが破損状況がひどく、「修理に多額の費用が見込まれるため、多分、廃車処理になる」(木川社長)。避難区域内にあり未確認の37台を加えると100台強が使用不能だ。

これらの被災で、ヤマトホールディングスは前2011年3月期に17億円の特損を計上している。

社員の被害としては、4月22日段階で5人の死亡を確認、1人が行方不明だという。

ヤマト運輸は避難区域を除く東北全域エリアで3月25日から宅配便の集荷・配達を再開している。


 

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。