キューバで同性愛者ら1000人超がデモ行進

差別解消を主張

 5月9日、ゲイ、レズビアン、トランスジェンダーのキューバ市民1000人超が差別の解消を訴えて首都ハバナをデモ行進した。写真は踊りながら行進する参加者(2015年 ロイター/Alexandre Meneghini)

[ハバナ 9日 ロイター] - ゲイ、レズビアン、トランスジェンダーのキューバ市民1000人超が9日、差別の解消を訴えて首都ハバナをデモ行進した。

キューバでは1959年の革命後の初期、同性愛者は労働収容所に送られていた。後に革命指導者のフィデル・カストロ氏はこうした対応が誤りだったと認めたが、現在でも同性婚は法的に認められていない。

デモ行進は今年で8回目。パートナーと13年間にわたり「婚姻関係」にあると話すラウル・オルタさんは「家族は私たちを受け入れているのに、社会は受け入れていない」と指摘。「この8年間、私たちは不可能と思っていた夢を実現しようとしてきた」と話した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。