台風6号がフィリピンに上陸、2人死亡

3000人以上が避難

 5月11日、フィリピン北東部に上陸した台風6号は大雨・強風をもたらし、家屋倒壊などの被害が出ている。社会福祉省で食料配給の準備をするボランティア、マニラ近郊のパサイで9日撮影(2015年 ロイター/Romeo Ranoco)

[マニラ 11日 ロイター] - 非常に強い台風6号は10日、フィリピン北東部に上陸し、大雨・強風により、家屋倒壊などの被害が出ている。これまでに確認された死者は2人で、3000人以上が避難している。台風6号はフィリピン上陸後にやや勢力を弱めているものの、11日時点で中心付近の風速は45メートル。

時速約20キロのスピードで北上し、12日には沖縄地方に接近する恐れがある。

上陸したカガヤン州では、大規模な停電が起き、倒木などの被害も出ているという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。