家を買うなら、親のスネをかじり倒せ!

成人でも2500万円まで贈与税ゼロの場合も

(写真:jazzman / PIXTA)

家を買うにはどれくらい現金があればいいのか?

いきなり、突然ですいません。まずは男性読者の方にお聞きしたいのですが、自分の親にこんなことを言われたことはありませんか。

「家を構えて一人前」。

男って、一国一城の主になりたがる生き物らしいですね。

でも、私は女性ですし。そもそも「家を買え」って言われても、そんなに安い買い物ではありません。普通の会社勤めの人にとって家を買うというのは、恐らく一生のうちで最も高いお買い物になると思います。

土地が二束三文のような地方で家を構えれば、ある程度、安く上がるとは思うのですが、たとえば都心で家を買おうと思ったら、マンションでも5000万円、6000万円はするでしょう。

そんなのをキャッシュでポンと買えるはずもなく……。

そうなれば、やはり住宅ローンを組む必要があるのですが、家を買おうと思ったら、それなりに多額の借金を抱えなければなりません。その借金を返済できる家計の体力があるかどうかを、まずはしっかり考える必要があります。では「借金を返済できる家計の体力」はどう計れば良いのでしょうか。ひとことで言えば月々の返済額に対して、どの程度、キャッシュを手厚く持っているかで計ります。

次ページ家を買うために必要なものは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。