ソニーがタブレット端末を今秋以降に発売、狙うはアンドロイド陣営ナンバーワン

ソニーがタブレット端末を今秋以降に発売、狙うはアンドロイド陣営ナンバーワン

ソニーは26日、同社初となるタブレット型端末「Sony Tablet」2機種を今秋以降に発売すると発表した。OSにはグーグルの基本ソフト「Android3.0」を採用し、Wi−Fi(無線LAN)を搭載したほか、国によっては3G/4G回線やLTEなどにも対応する。価格や正式な発売日は未定。

タブレット端末の一つである「S1(開発コードネーム)」は9.4型のディスプレイを採用し、一見、アップルの「iPad(アイパッド)」を彷彿とさせる。ただ、横から見ると重心が片側に寄せられた不思議なデザインとなっている。これは手に持った時のホールド感や軽量感を狙ったものという。テーブルに置くと斜め前に傾斜するデザインで、長時間の使用にも配慮した。赤外線機能で、薄型テレビ「ブラビア」といった自社ブランドのデジタル家電のリモコンとしても使える。


■非対称のデザインが特徴の「S1(開発コードネーム)」

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。