連休前に書いたプログラムが思い出せない!

いったい誰が書いたんだっけ?

さて、今年もゴールデンウィークが終わっちゃいましたね。皆さんは何日お休みできましたか。

ぼへちゃんは、お休み取れました。「エンジニアさんは休みの時ほど忙しいんじゃないの?」と思われるかもしれません。確かに、プロジェクトの炎上具合によっては休みが無くなってしまうこともあります。休みの時が遅れを取り戻すチャンスですから。

さて、ぼへちゃんはゴールデンウィークにお休みをとって旅行に行く予定だったので、休みを前に、「何が何でも終わらせる!」と必死の形相でお仕事をしました。

どうやら、無事に終わったようで、南の島あたりでバカンスを満喫できたようです。

でも、お休みが終わってお仕事に復帰すると、休み前に必死の形相で書いたプログラムを見ていても、これって自分が書いたんだっけ?というくらい記憶にないようです。

おやおや、進捗会議の時間になりましたが、ちゃんと報告をできるのでしょうか。かなりヤバそうです。

ガッツリとお休みを取った人ほど、こんな経験をすると思います。なるべく早く休みボケを克服して、連休前の仕事の内容を思い出すようにしましょう!

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。