メイウェザーが判定勝ちで無敗キープ

パッキャオは通算57勝6敗2分けに

 5月2日、ボクシングで5階級を制したフロイド・メイウェザー(中央)と6階級を制したマニー・パッキャオの王座統一戦で、メイウェザーが3─0の判定勝ちを収めて無敗をキープした(2015年 ロイター/Steve Marcus)

[ラスベガス 2日 ロイター] - ボクシングで5階級を制したフロイド・メイウェザー(38、米国)と6階級を制したマニー・パッキャオ(36、フィリピン)の王座統一戦が2日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、メイウェザーが3─0の判定勝ちを収めて無敗をキープした。

好スタートを切ったメイウェザーは終盤、パッキャオの猛攻を受けたが、卓越したディフェンス技術でしのいだ。

3人のジャッジは118─110、116─112、116─112と採点。メイウェザーは通算戦績を48勝0敗とした。

パッキャオは通算57勝6敗2分けとなった。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。