「初めての習い事」で必ず注意すべき3つの点

途中で嫌がって、行きたがらなくなったら?

(写真:ababaka / PIXTA)

新しい年度がスタートし、子どもの成長を考えて体操、リトミック、英語と新たに習い事を始めさせた親も多いのではないでしょうか。

習い事を始めた当初は親子共にドキドキ、ワクワクして通うのを楽しみにしていたのに、しばらくたつと子どもが嫌がって途中で行きたがらなくなるケースもよく耳にします。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が習い事を始めたときに気を付けたいこと、についてお話ししたいと思います。

体験授業と通常授業には、けっこう差がある

当記時はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

■1:「習い事だから」とお休みしない、遅刻しない

親にとっては習い事の一つでも子どもにとっては園や小学校と同じ。「幼稚園はぐずってもお休みできないけれど習い事は自由」の癖を習慣づけさせてはいけません。風邪を引いたなど余程の事情がない限り欠席しないようにしましょう。

遅刻も同じです。皆が既に座っている教室に後から参加するのは子どもだってとても入りづらいもの。時間に余裕を持って5分前には到着するようにしましょう。「習い事だから」とルーズになっていくことで、子どものやる気もどんどん失われてしまいます。

■2:多少嫌がってもしばらくは続けてみる

体験授業の時は喜んで参加していた我が子。でも、実際、始めてみるとやる気なし、嫌がる様子。何でもウェルカムで嬉々として取り組む子がいる一方、新しい環境に馴染むまで時間がかかる子もいます。

また、体験授業は企画する会社側が生徒を募るために開催している一種のイベントです。参加者にプレゼントを用意したり体験授業用の先生を立たせたりしているところもあります。でも実際通ってみると先生が違ったり、授業後にもらえるのはせいぜいシール程度、豪華なプレゼントをくれる訳ではありません。

次ページぐずってどうしようもないときは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。