新版 原発のどこが危険か 桜井淳著

新版 原発のどこが危険か 桜井淳著

なお沈静化に先の見えない福島原発事故。非常用ディーゼル発電機の不作動が引き金になったが、それは本当に「想定外」だったのか。これから検証されることになるが、本書は16年前に刊行の旧版において、今回の「非常用電源喪失」の危険性をかなりのページ数で詳細に指摘し、警告を発していた。

その論拠は、専門的視点でそれまでの世界の原発事故を総ざらいし、原因を追究した結果であり、対応不足が懸念される、説得力のあるものだ。「発電機の起動に失敗する確率は100万分の1」とする専門家の当時の自信は、この警告を一笑に付したのだろうか。

今回のように安全神話が崩れた現実を突き付けられると、ほかにも専門家にとって“盲点”があるのではないかという疑念が湧く。そうでなくとも、多くが老朽化を迎えつつある日本の原発だ。念入りな安全対策をどう進めていくべきか。福島では手遅れになったが、参考になる一冊だ。

朝日選書 1365円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。