ゴースト

(ナレーションは英語です。音量にご注意下さい)

科学者たちは、実験室でロボットを使って幻影、つまり"幽霊"をおびき出し、被験者の頭脳を欺く。スイスの科学者たちは、目に見えない存在、すなわち幽霊の感覚を実験室の中で創り出した。

このロボットは、被験者の背中に触れることによって、その動きを再現する。

しかし、わずかな遅れを導入することにより、一時的で空間的な知覚の歪みが、"幽霊"の感覚を呼び起こす。研究チームのリーダーであるオラフ・ブランケ教授は、"感覚モニター"の脳信号の歪みは、ある驚くべき結果をもたらすと話す。

「私たちは、脳の信号を歪ませることを可能にするロボットを作りました。ロボットは信号の受信を歪ませるどころか、現実には不可能にさえしてしまう。つまり、私たちのロボットは、健康な被験者がそれらの信号を予想することを不可能にしてしまうのです。実際に何人かの被験者は非常に強く反応し、何者かが誰かが彼らに触れていただけではなく、誰かがそこに存在していたとも報告しました。彼らの一部は、実験を途中で止めるという決断を下したほどです」

ブランケのスイス連邦工科大学のチームは最初、その現象を報告した人物の脳をスキャナーで調べた。その中で、神経障害のある患者には、多感覚信号の処理に寄与する部位に異常があることを見出した。

ロボットは、この感覚を健康な人間において再現するのだ。

ブランケは、ゆくゆくは患者の中にあるそうした感情を逆にする研究に基づいて治療法を開発したいと述べている。

彼曰く、このような研究にはウェラブル機器が含まれる可能性がある。「患者は、それを衣服の中に挿入するかもしれない。ある意味でのスマート繊維製品だ。このケースでの強い顕現があれば、人は、そのような精神疾患状態を現在は誘発するように最適化されておらず、ディスレギュレートまたはダウンレギュレートするようになっている方法で、フィードバックを提供しうる」

研究は、少なくともその科学者たちにとっては、幽霊の存在について反証するものではなかった。幽霊は、私たちの心の中にのみ存在している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。