日本原子力学会が、福島第一原発1~3号機の状態を推定

日本原子力学会が、福島第一原発1~3号機の状態を推定

日本原子力学会の「原子力安全」調査専門委員会技術分析分科会は、4月18日、福島第一原発の1~3号機の現状についての推定を発表した(→こちら)。
 
 それによると、現在行われている注水が続けられれば、原子炉と使用済燃料貯蔵プールは安定した状態を維持し、今後、多くの放射性物質が放出される可能性は小さくなるという。
 
 ただし、余震などのリクスもあることから、多重化された安定的な冷却システムの構築が欠かせず、また放射能汚染水の漏洩防止も重要としている。
 
 各号機の状態についての評価の概要は以下表のとおり。どの号機も深刻な状態にあるが、中でも2号機はすでに圧力容器、格納容器が破損、大量の放射性物質を放出させてしまった。3号機も圧力容器からは気体、液体が漏洩、格納容器からも気体が漏洩している。1号機は、2,3号機に比べれば圧力容器、格納容器とも健全性は残っているようだ。
 


日本原子力学会発表資料を基に東洋経済まとめ

写真提供:東京電力

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。