心を動かすプレゼンの技術--人前で話すのが苦手なあなたへ 藤沢晃治著

心を動かすプレゼンの技術--人前で話すのが苦手なあなたへ 藤沢晃治著

ビジネスパ−ソンの関心事の一つは、他者を動かすスキルやテクニックであろう。その代表的手法が「プレゼン」である。「プレゼン」は一般名詞化して、ビジネスコミュニケ−ションの主要な「手段・技術」となった。しかし、ややもすれば提示技術や使用する設備・装置などツ−ルの側面に目を奪われがちである。

プレゼンの本質を整理する必要要があると考えている時、本書に出会った。筆者は「プレゼンの神様」とよばれ、コミュニケーション論に関する多くの著作で知られている。本書ではプレゼン原理からツールテクニック習得まで言及している。

プレゼンの原理は、標題の「心を動かす」に示されるように言葉で人を動かすことにある。人は言葉だけでは動かないが、人を動かすのもまた言葉なのだ。

聴衆を動かす言葉にはプレゼンターのパーソナリティが反映されている。プレゼンターに求められるのは、プレゼン内容のクォリティの高さや流暢さを超えた説得力である。プレゼンの最終目的は「受け手」の行動変容であり、プレゼンとは「説得・納得」のアートなのである。

プレゼンのポイントは、「先ず自分の主張を疑うこと」「視聴者心理を先読みして、根拠を提示」「比喩で効果的に説得」「事例( 事実 )という最強の証拠」。そして、「小心力で洩れを発見」である。

意外にも、気の小さい人こそプレゼンに向くと筆者は言う。なぜなら、気が小さくいつもビクビクしているプレゼンターは、聴衆の視点に敏感だからというのだ。本書はハウツウ本ではなく、コミュニケーション論を真っ向に見据えた「プレゼン哲学書」である。プレゼンをする機会の多い人にはもちろん、そうでない人にもお勧めの1冊だ。

(東洋経済HRオンライン編集長:田宮寛之)

角川 one テ−マ21 724円

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。