第1四半期のスマホ、サムスンが首位奪還

新製品発売のタイミングが影響

 4月29日、調査会社によると、第1・四半期の世界のスマホ販売台数は、韓国のサムスン電子が米アップルを抜き首位に返り咲いた。シンガポールで24日撮影(2015年 ロイター/Edgar Su)

[ソウル 29日 ロイター] - 調査会社ストラテジー・アナリティックスによると、第1・四半期の世界のスマホ販売台数は、韓国のサムスン電子<005930.KS>が米アップル<AAPL.O>を抜き、首位に返り咲いた。

第1・四半期のサムスンのスマホ販売台数は8320万台。市場シェアは24%と前年の31%から縮小したが、アップルの18%を上回った。

ストラテジー・アナリティックスのエグゼクティブ・ディレクター、ニール・マウストン氏は「アジア各国などでサムスンは依然課題を抱えているが、世界的に見て第1・四半期に状況は安定し、スマホ販売台数トップの座をアップルから奪還した」と述べた。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。