ローソンの移動コンビニ車「モバイルローソン号」発進!【震災関連速報】

ローソンの移動コンビニ車「モバイルローソン号」発進!【震災関連速報】

ローソンは東日本大震災の被害が激しい岩手、宮城、福島の東北3県へ向け、移動店舗「モバイルローソン号」を投入する。

もともと関西で開発した、花見などイベント会場向けの臨時店舗だったが、今回の被災でも活用できるのではないかとのアイデアで、東北地方へ向かうことになった。写真は東京で撮影したもので、実際にはもっと商品を満載した状態で走行させる。 

 

東北地域ではコンビニやスーパーの営業再開が進み、東北3県でも内陸部では通常営業と遜色ない状態まで店舗、商品群が改善してきている。だが、大津波をかぶって壊滅した太平洋側の沿岸部では、まだまだ復旧に時間がかかる地域があり、近隣では商品の購入が困難な住民が数多い。ローソンは倒壊店舗でもオーナーに事業継続意思があれば仮設店舗を建設する方針だが、一朝一夕にはいかない。

そこで、避難所のそばなど車でのアクセスが可能なエリアで、移動販売でコンビニ商材を供給する。店内(車内)には、弁当・おにぎり・サンドイッチ用商品ケース、ソフトドリンク用冷蔵ケース、フライヤー(揚げ物用調理設備)、販売ケースが配備されており、テーブルとレジを外出しして営業する。

商品は食料品を中心に100アイテム程度。被災地では現在おにぎりなどが提供されていることが多く、油ものが食べたいというニーズが増えているため、フライドチキン「Lチキ」などを調理販売する。走行中はバッテリーで保冷するが、現地ではエンジンを切り自家発電機を使う。フライヤーは電気を消耗するので、別途LPガスを搭載して燃料供給する。

商品が売り切れれば販売終了だが、モバイルローソン号の後ろに冷蔵トラックを随行させたり、近隣店舗から商品供給を受けるなどして、長時間の営業も企図している。「日用雑貨など冷蔵する必要のない商品も掲載可能なので、被災地の住民のニーズを見て品ぞろえを改良したい」(広報)。各自治体で保健所の認可が取れ次第、4月下旬にも営業を開始する。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。