「ワイルド・スピード」の最新作が大人気!

北米映画興行収入、4週連続トップを快走

 4月26日、北米映画興行収入ランキングは、「ワイルド・スピード スカイミッション」が1820万ドルで4週連続首位となった。写真は主演のヴィン・ディーゼル。ハリウッドで1日撮影(2015年 ロイター/MARIO ANZUONI)

[ロサンゼルス 26日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、カーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズ最新作「ワイルド・スピード スカイミッション」が1820万ドル(約21億6000万円)で4週連続首位となった。「ハンガー・ゲーム」(2012年)以来の快挙。

ただ、来週には「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」(日本公開7月4日)の公開が控えており、首位を明け渡すのではないかとの見方が多い。

コメディ「Paul Blart: Mall Cop 2(原題)」は2週連続の2位で、1550万ドルだった。

3位は新作ファンタジーロマンス「Age of Adaline(原題)」(今年秋公開)で1340万ドル。米人気テレビドラマ「ゴシップガール」で主人公を演じたブレイク・ライブリーが、事故で29歳のまま永遠に歳を取らなくなってしまった女性を演じる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。