津波災害 減災社会を築く 河田惠昭著

津波災害 減災社会を築く 河田惠昭著

巨大津波に襲われた東日本沿岸。この地震・津波常襲地帯にどれだけの防災、減災の措置が施され、有効だったのか。これから検証されることになるが、その直前までの「弛緩した行動」に、「必ず来る」として警鐘を鳴らした書。

明治・昭和三陸大津波(1896、1933年)では2度にわたり、住民全員が死亡した集落が存在したが、今回はどうか。津波防波堤が造られたものの、その海側に再び市街地が広がっていった地域はどうなったか。被害を最小限に抑えようとする「減災」の視点は、復興にも欠かせない。

津波は「避難すれば助かる」。いつ、どのように、どこまで避難すればいいか。それを考える基本的な知識を与えてくれる。

岩波新書 756円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。