なぜリーダーは「失敗」を認められないのか リチャード・S・テドロー著/土方奈美訳

なぜリーダーは「失敗」を認められないのか リチャード・S・テドロー著/土方奈美訳

「現実を見誤るのではない。現実を直視しないのだ」。経営に信じられないことが重なると、不都合な真実を受け入れない「否認」に陥る経営者が少なくないという。これでは、避けられたはずの失敗も、また当然避けるべきであった失敗も、回避できない。

本書によれば、この結果、一時代を築いた米国企業が凋落していった例は枚挙にいとまがないという。悪い情報を遮断した(ヘンリー・)フォードをはじめ、ラジアルタイヤの出現で業界構造が一変したタイヤ業界の寡占4社、シカゴに摩天楼を築いたのもつかの間、Kマートに買収されたシアーズなど、否認起因の「凋落ストーリー」は読む者を魅了する。

著者はハーバード・ビジネススクールの著名教授。40年のケースメソッドから選び抜いた事例だけに、復活のIBMをはじめ、まとめられた「8つの教訓」も説得力十分だ。問題は人か組織か。結局、リーダーに尽きるとのご託宣。

日本経済新聞出版社 2100円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。