ネパール大地震の死者1900人超に

エベレストで大規模な雪崩も発生

 4月26日、ネパールで発生したM7.9の地震で、警察当局によると、死者数は1910人に達した。今後さらに増加する恐れがある。中部バクタプルで撮影(2015年 ロイター/Navesh Chitrakar)

[カトマンズ 26日 ロイター] - ネパールで25日に発生したマグニチュード(M)7.9の地震で、警察当局によると、死者数は1910人に達した。今後さらに増加する恐れがある。負傷者も4625人に上るという。

首都カトマンズでは少なくとも700人が犠牲になった。市内にはがれきが積み上がり、軍当局者は倒壊した建物の中に閉じ込められている人もいるとの見方を示した。同市では寺院や1832年に建造された高さ約60メートルの「ダラハラ塔」も崩壊した。

都市部から離れた一部地域などでは救助活動が開始されていないところもあるという。

世界最高峰エベレストでは地震の影響で大規模な雪崩が起き、ネパール山岳協会によると、ベースキャンプで登山者17人の遺体が収容された。

ネパールは各国に支援を要請。隣国インドは軍機や救助チームを緊急派遣したほか、米国、英国、パキスタン、中国も捜索救助の専門家や緊急チームによる支援を提供した。

今回の地震は、ネパールでは過去81年間で最悪の規模とされている。1934年の地震では8500人以上が死亡した。

*情報を更新して再送します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。