お披露目!動画で見るホンダジェットの雄姿

小型ビジネスジェット市場に殴り込み!

動画提供:ロイター(音量にご注意ください)

オートバイや自動車で世界的企業に発展したホンダ。同社は50年以上も前からジェット機市場への参入を準備してきた。

そして4月23日、ついに日本で流麗な機体がお披露目を果たした。米国で開発・製造した小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」を羽田空港で公開し、記念式典を行ったのだ。

ホンダジェットは450万ドルを上回る価格になる予定。ホンダによれば、ホンダジェットは、より防音に優れたエンジン、競合モデルに比べ20%の燃料の節約、3分の2以下の運用コストを見込めるという。

動画0分47秒~小型ビジネスジェット機に新しいスタンダードを切り開くホンダの自信作でございます

ホンダの伊東孝紳社長はあいさつした。続いて技術説明の席では、ホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格社長は、このジェット機を競合機と比較した。

動画1分08秒~ホンダジェットは、同級他社のビジネスジェット機と比較し、圧倒的な速度性能420ノット (時速780km) を達成しています」「600海里(1100km)のフライトの際に使う燃料は17%少ないというアドバンテージがあります。圧倒的な燃料効率を誇っています

日本では4月25日から5月4日までの期間、仙台、神戸、熊本、岡山など全国の空港でデモ飛行、地上展示、試乗会などを実施する。その後は13カ国に向けてのワールドツアーも行うという。

ジェット機をつくるというホンダの野心は、そもそも50年以上前に遡る。創業者の故・本田宗一郎氏が航空機参入を宣言したのは、1962年のことだった。そして1986年からは本格的な研究開発に着手。そこから30年を経て、ついに創業者の夢が実現することになる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。