アップル牽引、ナスダック史上最高値更新

市場に「さらなる上昇余地がある」の声も

 4月23日の米国株式市場は続伸、ナスダック総合指数が終値ベースで最高値を更新した。写真はナスダックの最高値更新を示す株価ボード、ニューヨークで撮影(2015年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 23日の米国株式市場は続伸、ナスダック総合指数<.IXIC>が終値ベースで最高値を更新した。

ダウ工業株30種<.DJI>は20.42ドル(0.11%)高の1万8058.69ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>は20.89ポイント(0.41%)高の5056.06。

S&P総合500種<.SPX>は4.97ポイント(0.24%)高の2112.93。

ナスダック終値のこれまでの最高値は、ITバブル崩壊直前の2000年3月10日につけた5048.62。この日は一時5073.09まで上昇し、取引時間中でも15年ぶりの高値をつけた。

S&P総合500種は取引時間中の最高値を更新した。

ナスダックの上げを先導したのはアップル<AAPL.O>で終値は0.8%高。グーグル<GOOGL.O>は1.5%、バイオ製薬のギリアド・サイエンシズ<GILD.O>は1%上昇した。

22日に発表した第1・四半期売上高がアナリスト予想に届かなかったフェイスブック<FB.O>は2.6%下落した。

アリアンツGIグローバル・テクノロジー・ファンドのシニアポートフォリオマネジャー兼マネジングディレクター、ウォルター・プライス氏は、ナスダックについて「ここで息切れするとは思われず、予測不能な外部イベントがない限りはもっと上がる余地はある。各企業はこの環境を乗り切っていける力があるように見える」と述べた。

その上で2000年は多くの高成長企業の株価が翌年の予想利益の200倍─300倍になっていたが、今回は当時とはまったく様相が異なると強調した。

一方、ウェドブッシュ・エクイティ・マネジメントのスティーブン・マソッカ最高投資責任者は、ナスダックの中でもソーシャルメディア関連株はいずれ急落する可能性が大きいと警告。グローバルXソーシャル・メディア・インデックスETF<SOCL.O>が劇的に上昇してきたと指摘した。同ETFはこの日は0.4%安だったが、年初来では約15%値上がりしている。

騰落銘柄数はニューヨーク証券取引所が上げ2039で下げ956(比率は2.13対1)、ナスダックが上げ1659で下げ1061(1.56対1)だった。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

終値         18058.69(+20.42)

前営業日終値    18038.27(+88.68)

ナスダック総合<.IXIC>

終値         5056.06(+20.89)

前営業日終値    5035.17(+21.07)

S&P総合500種<.SPX>

終値         2112.93(+4.97)

前営業日終値    2107.96(+10.67)

*内容を追加しました。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。