田辺三菱製薬は足利、鹿島の2工場、物流センターが操業再開【震災関連速報】

田辺三菱製薬は足利、鹿島の2工場、物流センターが操業再開【震災関連速報】

田辺三菱製薬は11日、東日本大震災で被害を受け、操業を停止していた栃木県足利市の足利工場と茨城県神栖市の鹿島工場、千葉県柏市の東日本物流センターが操業再開した、と発表した。3拠点の再稼働によって、今回の震災による田辺三菱の被災施設は、すべて復旧したことになる。

操業再開後の電力制限などの影響については、自家発電による電力確保、休日や勤務時間帯の変更などの対策をとって安定操業を目指す、としている。また、物流センターは震災以降、西日本物流センターからの代替出荷措置をとっていたが、本日より通常の出荷供給体制に戻した。主要製品の供給については、在庫を保有していることに加えて2工場が再開したことで、「安定供給に影響を及ぼすことはない」(田辺三菱)としている。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

(写真は被災前の足利工場・固形剤棟、田辺三菱製薬HPより)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。