AppleWatch、「充電器」にもこだわるなら

かっこいいサードパーティー製品が続々

Apple Watchのユーザーは、頻繁に充電しなければならないデバイスが増えたことでちょっと面倒な思いをするかもしれない。

しかも、Apple純正の“Apple Watchマグネット式充電ケーブル”は、なんとも冴えないシンプル過ぎるデザインなのだ。毎日充電せねばならないのに、この、ただのケーブルといった風情は少々味気ない、と思ったユーザーは多いのではないか。

Apple Watch、使いやすい充電器は?


当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

もっと、かちっとして使いやすいデザインはないものか。Apple Watchに、今日も一日ご苦労様、と思いを込めて置けるスタイルが欲しい、というユーザーの要望はあるに違いない。それを既に分かっていたかのように、様々なサードパーティー製の充電器が登場している。

まぁ、Appleもサードパーティーが活躍する場をあけて置いたということだろうか。今回はそれらの中からいくつかをみてみたい。

■iPhoneと品良く並べて充電『NuDock』

『NuDock』

Apple Watchのユーザーであれば、iPhoneも持っている。そして目覚めて最初に行うのがiPhoneのチェックであれば、ベッドサイドに置いているかもしれない。

となると、そこには充電用のケーブルが投げだされて、それを接続してから明かりを消しているかもしれない。しかし、これにApple Watchが加わると、ケーブルが増えてだらしない状態になるだろう。

そこで、LEDスタンドにiPhoneとApple Watchを品良く並べて充電できるドックが『NuDock』だ。

次ページタッチ式照明、操作もエレガント
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。