放射線量の減少が続く、新たな大量の放射性物質の放出はないか

放射線量の減少が続く、新たな大量の放射性物質の放出はないか

文部科学省のまとめによると、関東各地の放射線量は減少している。4月9日は各地で雨が降ったため、大気中の放射性物質の地上への降下が想定されるが、それによる放射線量の増加はほぼ見られない。
 
 3月15日の福島第一原発2号機の爆発による放射性物質の大量放出以降は、新たに大量の放射性物質の放出はないようだ。
 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
マツダ<br>理想への遠き道のり

広島東洋カープのリーグ優勝の陰で国内販売が急失速したマツダ。エンジンやデザインにこだわり、商品力を高め、2015年度の世界販売は過去最高を記録。勝ち組に何があったのか?

  • 新刊
  • ランキング